アレルギーの種類と改善策~腸内環境と免疫力の関係~

LINEで送る
Pocket

 

私たちのまわりには、細菌やウイルスなどの病原体やカビ、ホコリなどの有害物質が無数に存在します。現代では、日本人の2割以上の人が、こうした外敵に対する何らかのアレルギー性疾患に悩まされており、まさに現代病の一つといえます。今回は、アレルギーの種類や、アレルギーが起こるメカニズムについてご紹介します。

 

アレルギーは免疫バランスの過剰反応

 

免疫とは、私たちの体に害を及ぼす外敵や、体内に生じた異物を見つけ、それを攻撃して排除する生体防御システムです。腸内にはT細胞(Th1、Th2、Treg)をはじめさまざまな免疫細胞が存在しますが、この免疫機能を左右するのは自律神経です。自律神経には日中の活動時に優位になる交感神経と、夜の休息時に優位になる副交感神経の2種類がありますが、自律神経のバランスが乱れて副交感神経が優位の状態に傾くと、通常であれば無害なものまで外敵と見なして、攻撃をしかける過剰反応を起こすことがあります。これをアレルギー反応といいます。

 

例えば、スギ花粉が飛ぶ季節になると絶え間なくくしゃみや鼻水が出るのは、体内に入った花粉という異物を早く排出させようとする過敏な反応の結果です。また、T細胞が外敵と見なす対象がダニなどであれば、アトピー性皮膚炎となってかゆみを伴う湿疹やドライスキンなどの症状があらわれます。

 

アレルギーにはさまざまな種類が

 

アレルギーには、原因となる特定のアレルゲンによってさまざまな種類があり、引き起こされるアレルギー症状も違ってきます。代表的なものに花粉症やダニをアレルゲンとするダニアレルギー、卵、牛乳、大豆などの食物をアレルゲンとする食物アレルギーがあり、アトピー性皮膚炎や気管支喘息などのアレルギー性疾患と深く関係しています。

 

以下で挙げたアレルギーのほかにも、蚊アレルギー、昆虫アレルギー、物理アレルギー、口腔アレルギー、日光アレルギー、寒冷アレルギー、温熱アレルギー、コリン性蕁麻疹などさまざまなアレルギーの種類があります。

 

花粉症

アレルゲンの吸入により発症。スギ、ヒノキ、白樺など、植物の花粉が原因となる。特定の時期に季節性アレルギー性鼻炎や季節性アレルギー性結膜炎を引き起こす。

 

ホコリアレルギー・ダニアレルギー(ハウスダストアレルギー)

アレルゲンの吸入により発症。ホコリやダニ(死骸やフン)が主な原因。通年性アレルギー性鼻炎や通年性アレルギー性結膜炎を引き起こす。

 

食品アレルギー

アレルゲンである食品を飲食することで発症。アレルギーを起こしやすい卵、乳製品、小麦、そば、落花生は5大アレルゲンと言われ、加工食品などへの表示が義務づけられている。子供がアレルギーを起こしやすい卵・牛乳・大豆は3大アレルゲンと呼ばれている。

 

ペットアレルギー(動物アレルギー)

アレルゲンの吸入や接触により発症。体毛、フケ(皮膚がはがれ落ちたもの)が主なアレルゲン。

 

アトピー

皮膚に症状の出るアレルギーとして一番有名だが、発症する詳細な原因までは、はっきり解明されていない部分も多い。子供は主に食事、大人はストレスや環境などが主な原因と言われている。

 

金属アレルギー

アレルゲンである金属に触れることで発症。アクセサリーや特にピアスによって起こる場合が高い。ふれている金属が汗などの水分で微量に溶け出し、イオン化したものが体内に入り発症する。ニッケル、コバルト、クロムなどが起こりやすく、金やチタンなどは起こりにくい。

 

ゴム(ラテックス)アレルギー

アレルゲンであるゴムに触れることで発症。天然ゴムラテックス製品などが原因となる。

 

アレルギーの分類と特徴

 

アレルギーにはⅠ型からⅣ型までの分類があり、どのタイプかによって引き起こされる疾患や症状が違っていて、軽症状アレルギーの型から重症状のアレルギー型まで存在しています。花粉症などの一般的なアレルギーはⅠ型とされています。

 

Ⅰ型アレルギー

この種類のアレルギーは、アレルゲンにさらされた瞬間から始まる反応で、10分前後に発症するので即時型過敏症とも呼んでいます。アトピー、ぜんそく、花粉症、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、小児湿疹などが該当します。アレルゲンを飲み込んでしまうと、嘔吐、けいれん、下痢などの症状を起こします。アレルゲンが血液に入り込んでしまうと、命にかかわるアナフィラキシーショックという命にかかわる反応を起こす可能性があります。

 

Ⅱ型アレルギー

異質細胞を排除しようとする反応により引き起こされます。細胞の表面に結びついた抗体が原因になります。輸血の際の血液型の不適合などが原因で引き起こされるアレルギー症状です。代表疾患にウイルス性肝炎(B・C型肝炎)のほか、悪性貧血、橋本病、不適合輸血、リウマチ熱、円形脱毛症、自己免疫性溶血性貧血などがあります。

 

III型アレルギー

アレルゲンが全身に広がった時に自己免疫疾患を引き起こすアレルギー反応です。III型のアレルギーは2~8時間で浮腫や発赤として出現します。代表疾患は関節リウマチ、リウマチ性肺炎、シューグレン症候群、多動性動脈炎、アレルギー性血管炎などがあります。

 

Ⅳ型アレルギー

この種類のアレルギーは遅延過敏症と呼ばれ、症状の出現が非常に遅い種類のアレルギーです。24~48時間以内に皮膚が硬くなる硬結や発赤の症状があらわれます。接触性皮膚炎やツベルクリン反応、シューグレン症候群、ギラン・バレー症候群、薬剤性肺炎、腫瘍免疫、移植免疫、感染アレルギーなどがあります。

 

腸内環境を整えることで免疫バランスを整える

 

腸内には多くの免疫細胞が集まっていますが、Th1細胞とTh2細胞のバランスを整えて免疫システムを高めることでさまざまなアレルギー症状を改善するには、腸内の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすことが大切です。

 

善玉菌を増やすには、食物繊維や乳酸菌を積極的に摂ることで善玉菌のエサになります。また、十分に睡眠を摂ることも、腸内環境を整えるうえで有効です。私たちが夜になると眠くなるのは、副交感神経が動いて、心身がリラックスするからです。夜更かしなどで不規則な生活が続くと、夜になっても交感神経が活発な状態が続き、自律神経の乱れにつながります。一方、腸は自律神経の支配を受けているので、睡眠不足により自律神経が乱れると、腸内細菌のバランスも崩れてしまうので、しっかりとリラックスした状態で眠れるようにしましょう。

 

免疫バランスを整える食物繊維や乳酸菌とは

 

 

善玉菌を増やして免疫バランスを整えるために、食物繊維や乳酸菌を摂ることが大切になりますが、どのようなものを口にすると良いでしょうか。

 

食物繊維であれば、善玉菌のエサになる水溶性食物繊維を積極的に摂ると良いでしょう。大麦やライ麦、にんにく、納豆、ゴボウ、アボカド、アーモンド、抹茶などに多く含まれています。

 

乳酸菌であれば、花粉症やアトピー性皮膚炎、アレルギーの改善効果を持つヨーグルトやサプリメントなどをしばらく続けてみるのがおすすめです。以下に主なものをご紹介します。

・L-55乳酸菌(花粉症やアトピー性皮膚炎の症状緩和)

・LGG乳酸菌(花粉症による鼻づまりの軽減、アトピー発症率の低下)

・EC-12株(アトピー性皮膚炎、金属アレルギー、花粉症の症状緩和)

・L-92乳酸菌(花粉症による目のかゆみ、通年性アレルギー性鼻炎などの症状改善)

・植物性乳酸菌Th221(アレルギー性鼻炎の症状緩和)

・ビフィズス菌G9-1(アレルギー性のくしゃみや鼻水の軽減)

・ビフィズス菌BB536(アレルギー・花粉症の症状改善)

・クレモリス菌GCL1176(アレルギー・花粉症の症状改善)

・乳酸菌抽出物LFK(抗アレルギー剤として特許取得)

 

いかがでしたか。花粉症も含めてアレルギー症状にお悩みの人が多くなる季節の変わり目。即効性があるわけではありませんが、日ごろから食物繊維や乳酸菌を摂って腸内環境をよくすることで、免疫力を上げるだけでなく、免疫バランスを整えることによって、アレルギーはしだいに改善されていきます。つらい症状を軽減して、快適な毎日が過ごせるように腸をいたわってくださいね。

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。