くしゃみをする女性

ヨーグルトで花粉症が治ったという話を周りの人から聞いたことはありませんか?

花粉症だけでなく、アレルギーに強くなる乳酸菌のメカニズムをお話しましょう。

少し難しい単語が出てきますが、頑張って読んでみてください。

花粉症のメカニズム 花粉自体に害はない

花粉症の原因とはなんでしょうか?

もともと花粉自体には人の体に害はなく、アレルギー症状を起すような炎症物質ではありません。

これは人間の外部からの異物を除去する免疫システムの誤作動により起こってしまうのがアレルギーなのです。

アレルギー症状を起こしにくくするためには腸から粘液に分泌されるlgA抗体(免疫グロブリンA)を増やす必要があります。

lgA抗体とは、花粉やたんぱく質などのアレルギー物質が体内に吸収されるのを抑える働きをするものです。

例えば花粉症の場合、花粉はまず鼻や眼の粘液で捕らえられます。
この時IgA抗体は花粉を捕まえて、アレルギー症状を起すことなく体外へと運び去る役割を果たします。

つまりIgA抗体(免疫グロブリンA)は体へのバリア機能を果たす物質で、これが多ければ多いほどアレルギーを起こしにくい体質であるといえます。

一方、私たちの持つ免疫抗体にはIgE抗体(免疫グロブリンE)というものもあり、これがアレルギー症状の原因となるものです。
IgA抗体をすり抜けた異物などが体内に侵入するとヘルパーT細胞(免疫の司令塔の役割)から「異物を除去しろ」という命令がIgE抗体にいきます。

花粉は直接体内に悪い影響を与える物質ではありませんが、ヘルパーT細胞が花粉を敵だと誤って認識すると、ヘルパーT細胞の一種であるTh2細胞が抗体を生産するB細胞( 抗体産生細胞リンパ球の一種)に働きかけ、本来外からの微生物に対する防御壁になるIgE抗体をつくらせるのです。

そして、IgE抗体が異物(花粉)と結合すると、マスト細胞(肥満細胞)という細胞からヒスタミンが大量に分泌され、それがかゆみ、くしゃみといったアレルギー症状を引き起こすことになります。

ヒスタミン自体は神経伝達にかかわる重要な物質でなくてはならないものですが、それが大量に分泌されると血液中から漏れ出し、炎症を起してしうのです。

ですので、花粉症を止めるための薬(抗ヒスタミン剤)を飲むと神経伝達がうまくいかなくなり、眠くなってしまうのです。

花粉症の鼻づまりやくしゃみ、目のかゆみなどは、こうしたメカニズムから起こります

つまり花粉症を抑えるためには、アレルギーを抑えるためにはIgA細胞を増やしバリア機能を高め、IgE抗体を減らしアレルギー症状を抑えることが必要となります。

花粉症を抑える乳酸菌の役割はIgE抗体を増やさないようにする

乳酸菌には免疫の司令塔のヘルパーT細胞のバランスを整えることによって、免疫の誤作動を防止し、IgE抗体を増やさないようにする働きがあります。

なぜなら、小腸には人間の免疫システムの6割が集中しており、乳酸菌で小腸の働きを正常にすることにより、免疫システムのバランスを整えることができるからです。

ある実験で、乳酸菌を投与したグループと乳酸菌を投与しなかったグループとで血中のIgE抗体の量を測定したところ、乳酸菌を投与したグループではIgE抗体の量が優位に低くなったというデータもあります。

ヨーグルトを食べれば、花粉症が治ったという人が周りにいれば、以上のようなことが要因でアレルギー症状が緩和されたといえます。

IgE抗体はもともと体内の寄生虫の感染防止などに有効な抗体ですので、全てが悪い抗体ではありません。

最近では昔は寄生虫感染の人が非常に多かったが衛生環境が整い寄生虫感染者が減少するにしたがって、アトピーや花粉症などのアレルギー症状を発症する人が増えてきたという発表をする学者さんもいます。

要は腸内の免疫システムのバランスを整え、適正な量に保つことが重要です。

腸内細菌を整えるためには、乳酸菌の摂取も大事ですし普段の食生活も非常に重要です。

アレルギーを持っている方は、野菜中心の生活を心がけたり、乳酸菌の摂取にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

参考 ヨーグルトで健康革命あなたの知らない乳酸菌力 後藤 利夫著