ピザを食べる女性

先日  NHKでも放映され、ますます注目度が高まってきた腸内フローラ。あまり聞きなれない言葉に興味を持った人も多いのではないでしょうか?

近年の研究成果から腸内細菌がその宿主のエネルギー調節や栄養の摂取等に深く影響を及ぼしていることが明らかになり、今腸内フローラとそこに生息する腸内細菌の持つ力が見直されようとしているのです。その力の中のひとつに「腸内フローラが肥満に影響する」というものがあります。

 

短鎖脂肪酸が肥満を防ぐ

2013年、科学雑誌「Sience」にワシントン大学のジェフリー・ゴードン博士らのチームによって、ある研究結果が報告されました。

2匹の無菌状態で育てたマウスに、一方には肥満の人の腸内細菌を、もう一方には痩せた人の腸内細菌を移植し、同じエサと運動量の環境下で育てるというものです。この実験の結果は驚くべきものでした。痩せた人の腸内細菌を移植したマウスに脂肪量の変化が見られなかった事に対し、肥満の人の腸内細胞を移植したマウスはどんどん脂肪が増え、太ってしまったのです。

この研究の結果、肥満の人の腸内には、バクテロイデスなど特定の細菌が一般の人に比べて少ないということがわかりました。

 

バクテロイデスなどの腸内細菌は人の食べたものを腸で摂取して生きています。バクテロイデスは食物を摂取したとき、「短鎖脂肪酸」という物質を分泌します。乳酸菌やビフィズス菌が産生する乳酸や酢酸も短鎖脂肪酸のひとつです。

この「短鎖脂肪酸」が肥満を防ぐ理由だと考えられています。

 

短鎖脂肪酸のはたらき

短鎖脂肪酸は大部分が大腸から吸収され、主に上皮細胞の増殖や、粘液の分泌、水やミネラルを吸収するためのエネルギー源になります。また、一部が血流に乗って全身に運ばれ、肝臓や筋肉、腎臓などの組織でエネルギー源や脂肪を合成する材料として利用されます。

肥満は脂肪細胞が血管を流れる脂肪をとり込みすぎ、膨らんでしまうことで起きるのですが、短鎖脂肪酸はこの脂肪細胞に働きかけ、脂肪のとり込みを止めてしまいます。これによって余分な脂肪の蓄積が止まり、肥満を防ぐと考えられています。

また、もうひとつの働きとして筋肉などに作用し、脂肪を燃やす働きもあります。

「過剰な脂肪の取り込みを抑え、過剰エネルギーが得られた場合はエネルギーの消費を促す」短鎖脂肪酸には身体のエネルギーバランスを整える働きがあるのです。
花畑

腸内フローラを改善し、「短鎖脂肪酸」をたくさんつくろう

この短鎖脂肪酸を人の体の中で作る部位が大腸であり、そこに生息する腸内細菌という訳です。

「太りにくい体を作る腸内細菌ならたくさんいてもらいたい」なんて考えたくなりますよね。
短鎖脂肪酸を生み出す腸内細菌や、効率よく生み出してもらう方法はコチラの記事で紹介しています。
ダイエットに効くらしい短鎖脂肪酸ってナニ?

腸内フローラは肥満だけでなく癌、糖尿病、アレルギー、美容、脳や神経系疾患などにまで大きな影響があることが明らかになっています。腸内フローラを利用した薬や治療方法など、日本ではまだまだ馴染みが浅い事でも、世界中で研究が進められ、医療が変わろうとしているのです。

腸内細菌と人は、共生関係にあり、切っても切り離せない存在です。自分の体に良い影響を与えてくれる腸内細菌と、良いお付き合いをしたいものです。