強い日差しを放つ太陽気温も徐々に上がり、夏が近づいてくると感じる今日この頃。そろそろ心配なのが紫外線対策ですよね。

市販の日焼け止めを見ると、パッケージに「SPF40」や「PA++」といった文字が書かれているのを見かけませんか?
「数字が大きいものが強力なんでしょ?」と思っても、どうして表記の形式が違うものが書かれているのか理由を知らない人もいるかと思います。

じつは強力な日焼け止めは、お肌への負担も大きいのです!
なんとなく選んでいた日焼け止めクリームも、使い方が間違っているかもしれません。
正しい日焼け止めを選ぶために、今回は用語を中心に解説します。

 

基礎知識、紫外線には種類がある!

一口に紫外線といっても、その性質によってUV-A、UV-B、UV-Cと、3つに分けられています。
このうちUV-Cは空気中の酸素分子とオゾン層に完全に遮られ、地表には到達しません。
ですから、私たちが対策するべき紫外線はUV-AとUV-Bの二つになります。

・UV-A…紫外線A波

地表に届く紫外線の約95%がUV-Aです。肌に急激な影響を与えることはないものの、浸透力が高く表皮を通り越して真皮にまで到達します。徐々に肌にダメージを蓄積させ、シミ・シワ・たるみの原因になるなど、肌の老化を促進させます。
肌に当たってもすぐに影響は出ないのでB波より弱く感じますが、地表への到達する量が多いことなどから長い時間を掛け、気づかない間に悪影響を及ぼします。
ガラスなども透過しやすく、曇りの日や室内でも対策が必要です。

UV-B…紫外線B波

地表に届く約5%がこの紫外線です。地表に届く量は少量ですが、非常に強力な紫外線で、少しの量でも肌に影響を及ぼします。
肌の表面で吸収され、真皮まで到達はしませんが、短時間でも黒くなる日焼けやヒリヒリした日焼け、炎症を引き起こすなど目に見えた悪影響が出ます。
またメラニンを黒くし、シミやそばかす、皮膚がんの原因になるといわれています。
日傘を使うなど、直射日光に当たらないように心がけるだけで、ある程度防御ができます。

 

日焼けのメカニズム図解

 

SPFとPAの違いって?

この二つは防ぐ効果のある紫外線の種類によって使い分けられています。

・SPF…Sun Protection Factor

日焼けや炎症を引き起こす「UV-B」に対しての効果を示します。
数値は「紫外線が当たりだしてから日焼けが起きた状態になるまでの時間をどれだけ引き延ばせるか」によって決まります。
SPFは20~25分を1単位として換算します。つまり、「1SPFは何も肌につけていない状態から、日焼けが起きるまでの時間を20~25分遅らせる」ということです。
SPF30であれば「20分×30=600分(10時間)遅らせる」になります。

「遅らせる」という事は日焼け止めを塗っていても完全にシャットアウトしている訳ではなく、少量ずつは肌に影響を与えています。
数値の違いは時間の違いなので、たとえば1~2時間の外出でSPF50を使用するのは、選ぶ日焼け止めが釣り合っていない事になります。

・PA…Protection Grade of UVA

肌の老化を促進させる「UV-A」に対してどれだけの量をカットできるかを示します。
日焼けが目に見えるUV-Bと違い、真皮まで到達するUV-Aは肌への影響が数日しないとはっきりしないため、正確な数字が測定できません。
そこで大まかに「PA+」や「PA+++」などの段階で効果が示しています。
現在のPA値は「PA+」から「PA++++」まで4段階です。

UV-Aは雲やガラスをすり抜け、室内でも注意が必要です。季節や気候にかかわらず、日常的に対策するならPAを重視したほうが良い事もあるでしょう。

UV-Aが真皮まで到達するとコラーゲンやエラスチンなど肌のハリや潤いを保つ網目状組織を破壊し、肌の地盤が緩んでしまい、シワやたるみの原因になります。
影響は見えにくいですが、蓄積することを考えると怖い紫外線です。

まとめ

UV-AもUV-Bも、美容のためにはどちらも厄介な物に変わりありません。
日焼け止めには「肌がヒリヒリしたり、黒く焼ける事を防ぐ目的」と「肌の老化を抑える目的」がある事、「シーンに合ったものを使い分けないと、肌に負担を掛けてしまう」という事に注意をしておきたいですね。

今回の基礎知識を踏まえ、次回は日焼け止めを選ぶときのポイントとなる、注意すべき肌への負担についてご紹介します!