日焼け止めを塗る女性

前回のコラムで日焼け止めの強さを表すSPFとPAの違いについてご説明させていただきました。

紫外線には複数種類ある事、肌に与える影響が違う事が、お分かりいただけましたでしょうか?
「どちらも厄介なら、強力なやつでまとめて対策すればいいじゃん」と、お考えではないですか?
私は思っていました!

でも、それではいけないようです。
今回は強力な日焼け止めが与える肌への影響について、ご説明します。

注意すべき日焼け止めの影響って?

日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があるのをご存知ですか?
これらの二つは肌に対する刺激の度合いも違うので、使い方によっては肌トラブルを招きくこともあります。

紫外線吸収剤…

・紫外線を吸収し、科学的な処理をするタイプの日焼け止め。
・熱や赤外線に変換して放出したり、自身の分子構造を一時的に変え、肌に届かないようにする。
・塗り心地は伸びが良く、さらっとしており、白浮きもしにくいなど使用感が良い。
・一定量の紫外線を吸収すると分子が壊れ、紫外線を吸収しなくなるため塗りなおしが必要。
・化学変化を起こすため肌への負担は強めで、人によっては肌荒れを起こす。

紫外線散乱剤…

・肌の上に膜を作り表面で反射させ肌に影響が及ぶのを防ぐ。
・表面で反射させるので刺激が少ない。
・反射させるため散乱剤そのものに無理な力が掛からないので長持ち。
・塗り心地はこってりしており、白浮きしやすい。
・粉が皮脂を吸着するので、肌乾燥の原因になることがある。

吸収剤と散乱剤の図解

これらのように日焼け止めには一長一短があり、強力なものはその分肌への影響も出やすいのです。
知らずにひたすら強力なもので塗り固めていたら、気が付いたらガサガサなんてことも・・・。
日焼け止めを選ぶときは日差しの強さや汗をかく可能性、野外か屋内かなど、使う環境を考え、日常での使用なら必要以上の強力な日焼け止めは控え、SPFやPAが足りている程度のものを選びましょう。

デリケートな肌の日焼け止め選び

これらの性質から、顔などの肌がデリケートな部分へは紫外線散乱剤がオススメです。
紫外線散乱剤は白浮きしやすいのが特性ですが、ファンデーションやフェイスパウダーに白い色をつける成分としても良く使われており、これらに紫外線を跳ね返す効果があると言われているのはそのためです。

パッケージなどの表記に「紫外線散乱剤」もしくは「紫外線吸収剤フリー」や「紫外線吸収剤不使用」など、吸収剤でないことが記載されているものを探しましょう。

そのほかに日焼け止めの影響を極力抑えた紫外線吸収剤の開発も進んでいます。
白ソーマなど、マイクロカプセルの中に吸収剤をいれ、肌に直接触れないようにしたものを利用した製品が販売されています。
「敏感肌用」や「赤ちゃんにも使える」などの表記があるなど、日焼け止めを選ぶ際に製品の特徴に注目すると、より自分にあったものが選べますよ。

まとめ

今回ご紹介した製品の持つ特徴を知ることで、日常でのUV対策に必要以上の効果を持つものを使用しないほうが良い理由も知っていただけたかと思います。

「肌に負担が掛かるなら日焼け止め使いたくない」と思われる方もいるかもしれませんが、目的にあった日焼け止めを選ぶことで負担は減らせます。
さらに紫外線から受ける影響と比べたとき、やはり紫外線の影響は見過ごせません。
負担の少ない日焼け止めを探すなど、無理なくUV対策できるものを選びましょう。

次回はシーンに見合った日焼け止めを選ぶポイントと、使用上の注意についてお話します。