頬にできたシミ

一生懸命手入れをしても、肌に残ってなくならないシミ・・・悩んでいる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そもそもこの迷惑なシミや色素沈着はどうして起きてしまうのでしょうか?
シミの原因には加齢によるターンオーバーの乱れや、ホルモンバランスが崩れる事によって自然にできるものと、
ニキビや炎症などの跡が色素沈着して、できてしまうものがあります。

今回は自然に発現してしまうタイプのシミについて紹介いたします。

シミのタイプ

シミは後天性の色素細胞異常症のひとつで、色素を作りやすくなった異常な色素細胞が散在している状態です。

肝斑

額の生え際、頬骨に沿った目の下、口の周りなど左右対称に広い面積を持って現れる色素斑。シミの境界がはっきりせず、もやっと現れる事が多い。
紫外線、ストレス、ホルモンバランスなどに影響を受けるといわれている。また内臓の病気や妊娠で現れる場合もある。

老人性色素斑

額や頬などに現れるスポット型の色素斑。
左右対称の広い範囲に広がる肝斑と違い、シミの境界がはっきりしており、局部的に現れる。色が濃いものもある。
紫外線の刺激、ホルモンや過酸化脂質に関係すると考えられている。

光線性花弁状色素斑

顔だけでなく、肩や背中など全身にできるソバカスのような形の色素斑。
ソバカスは遺伝子による先天的な要因が大きいものですが、こちらは強い紫外線を一気に浴びたあとにできやすい色素斑です。

これらのシミは刺激を与える事でいずれも色が濃くなり悪化していきます。
どれかひとつが単独で現れるのでなく、複数を持ち合わせている場合もあります。

シミのできるメカニズムって?

シミの原因としてよく知られるのは紫外線によるメラニンの増加です。
そもそもメラニンは紫外線に対するフィルターの役目を持っており、起炎性の短波長の紫外線を吸収し、真皮内に害を及ぼすのを防ぐ働きをしています。

メラニン色素は肌の中で生成されても、通常は肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)によって内側から外に押し出されて行き、最後は垢となって消失します。

しかし、ターンオーバーの乱れがあったり、身体の働きが乱れるなどの要因により、シミ消失の機構が狂ってしまうと、それがシミの原因になるのです。

日傘をさす女性

紫外線だけではない!?シミの原因

シミはメラニンが異常に増加した事で発生しますが、メラニンの増加は内的、外的それぞれの原因が考えられます。

紫外線

先述のとおり、紫外線を浴びる事で増加したメラニンが、ターンオーバーの乱れにより排泄されずに沈着する事でシミになります。

ストレス

ストレスを感じると脳が危険を察知して、脳下垂体から色素形成細胞刺激ホルモン(MSH)を分泌します。睡眠不足など体へのストレスも美肌を目指すのであれば注意が必要です。

内臓障害

代表的なものに副腎皮質の機能障害があります。副腎皮質は左右の肝臓の上にある小さな臓器で、先ほどのMSHの分泌を抑制する効果を持つ副腎皮質ホルモンを分泌しています。ですが機能障害によりこのホルモンの分泌が減少してしまいます。
そのほかの内臓障害もメラノサイトを刺激し、メラニンを増大させる可能性があるものがあります。

ホルモン

女性ホルモンのバランスの乱れがシミの原因になると言われています。
女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。
この二つが月経周期にあわせて、卵胞期から排卵期まで、排卵期以降と交互に分泌が高まり、バランスを取って生理周期をコントロールしています。
ですが黄体ホルモンにはメラニン色素を増やすという一面があります。
妊娠や更年期などの女性ホルモンのバランスが乱れる要因により、黄体ホルモンの分泌が優位になった結果、シミを増やす原因になる場合があると言われています。

 

カフェインってシミを増やすの?

「コーヒーや紅茶に含まれるカフェインはメラニンを移動・拡散する効果があるからダメ!」
という説もありますが、カフェインには細胞を活性化するなどの面や、これらの飲み物にはポリフェノールなどの抗酸化物質なども含まれており、一概に悪いとは言い切れないと思います。

とはいえ、カフェインは体内で分解するのに時間がかかるなどデメリットもありますので、過剰摂取は控え、カフェインとノンカフェインの飲料をバランスよく飲むなど、ほどほどが良さそうです。

コーヒー

 

まとめ

シミの原因は数々あれど、なによりも大切なのは紫外線を浴びないようにする事です。

しっかりとした紫外線対策と心と体の健康を保ち、ターンオーバーを整えることができれば、シミの定着を防ぐ事ができるでしょう。

次回は知らないともっと怖い事になってしまう、炎症など外的要因によって引き起こされる色素沈着についてご説明します。