スライスされたリンゴ秋は果物がおいしい季節。みずみずしい食感を楽しんだり、旬のものを味わって季節を感じるのも良いですよね。

ところで果物や野菜を食べたとき、口の中や果汁が触れた場所がかゆくなった事はありませんか?

このかゆみ、実はアレルギー反応の一種なのです。

今回は意外と身近な「口腔アレルギー」についてご紹介します!

 

普通の食物アレルギーとは違うの?

食物アレルギーといえば、乳製品や卵、小麦、ソバなど市販の製品にアレルゲンの表記がされているものを想像されるかと思います。

食物アレルギーは食品を食べた後に小腸でアレルゲン物質が吸収され、全身に行き渡ってしまうため重症化しやすいアレルギーです。

症状を自覚されている方はアレルゲンを極力避けるような食事を意識していますよね。

 

これに対し、口腔アレルギーは口の粘膜に限って起きるアレルギー症状です。

 

口の中で起きるアレルギー

果汁などが粘膜に触れることでかゆみや腫れ、場合によっては耳がかゆくなったり、喉にムズムズした感じが出ることもあります。

基本的にアレルゲンが小腸に到達する前に壊れてしまうため、アレルギー反応が口の中だけで起き、違和感を感じても次第に収まっていきます。

さらに口腔アレルギーを引き起こすアレルゲンは熱に弱く、加熱すると壊れてしまうためアレルギー反応が出る人でも問題なく食べる事ができてしまいます。

そのため「かぶれたかな」と、アレルギー反応という自覚が無く普通にすごしている方もいらっしゃると思います。

 

花粉症が果物のアレルギーを増やしている!?

果物によるアレルギーを持つ方が近年増えています。

一見関係のなさそうな花粉症がその原因だと言われています。

たとえば、シラカバの花粉に対するアレルギーを持つ人は、リンゴやサクランボ、桃に対して果物アレルギーを発症する可能性が高いと言われています。

花粉が持つアレルゲン物質と、果物が持つアレルゲン物質の構造が似ているものが存在するため、このような現象が起きているそうです。

日本ではスギ花粉に対するアレルギーを持つ人が非常に多いのですが、スギ花粉と関連があると報告されているアレルギーにはトマトがあります。

 

症状が辛そうな女性

 

まとめ

花粉症患者が年々増えている今、アレルゲンの構造が似た果物や野菜などにアレルギー反応を持つ人が増えるのは必然と言っていいかもしれません。

比較的軽い影響で終わりやすい口腔アレルギーも、ひどいアレルギー反応を持つ人になれば喉の腫れが呼吸困難につながる場合もあります。

全身に反応が出てしまう食物アレルギーとして果物や野菜を受け付けなくなってしまった場合、アナフィラキシーショックなど命に関わるアレルギー反応を引き起こす場合もあり、決して軽視する事はできません。

かゆみや腫れなどを感じる人は是非病院でアレルギーの検査を受け、自分の体が食物に対しどんなリスクを持っているのか、しっかり認識をするようにしましょう!