健康寿命イメージ

厚生労働省より平成25年度の平均寿命が発表されました。発表によると男性80.21歳、女性86.61歳と男女共に80歳を超えました。これも日本の医療の進歩のおかげです。日本は世界一の長寿の国になりました。

しかし、手放しで長寿世界一を喜んでいいのでしょうか?

平均寿命と健康寿命

平均寿命と同じように「健康寿命」というものがあります。健康寿命とは「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されています。

厚生労働省の発表では健康寿命は男性70.42歳、女性73.62歳(平成22年度)となっています。この差はつまり「最後の約10年は不健康な状態」を意味します。

不健康な状態とは病気などで寝たきりで介護が必要になり、家族に迷惑をかけながら生きていく状態です。旅行にもいけず、孫とも遊べず苦痛の日々を送ることになります。実際に介護をされる立場になってようやく健康の大切さに気づきます。

医療の進歩、国民皆保険により日本人は高い水準の医療が受けられますが、医療は病気になったら必要なものです。だからこそ病院のお世話にならない元気に生きる体づくりが大切なのです。

健康寿命と平均寿命比較

長生きリスクを考えよう

平均寿命が延びた理由として

①栄養状態の改善

②感染症治療の進歩

③高血圧治療の進歩

④国民皆保険制度により医療がだれでも受けられるようになった

⑤健康意識の高まり

があげられます。昔は今のように長生きする人は少数でしたので、長生きした時のリスクはそれほど大事ではありませんでした。

しかし、今は男女共に平均で80歳以上生きる世の中になりました。長生きすることにより誰でも最後の10年間の不健康な状態になる可能性あります。

自分では病気になったらそれまでと思っているかもしれませんが、家族みんなは一日でも長い延命を望むつらい10年間になります。医療の進歩で治療も延命の技術も進歩しましたが病気は治っても健康で元気な状態になるとはかぎりません。

それを少しでも防ぐために今健康なうちに将来に備え生活習慣の改善やサプリメントで健康を維持しなくてはなりません。

健康は一日にして成らずですが、不健康も一日にして成らずです。

今すぐに自分の生活習慣を見直し、バランスを考えた食生活をし、お酒やタバコを控え、適度な運動をして足りない部分は健康食品やサプリメントで補い、長生きした時のリスクに対処しておきましょう。