サングラスをかける女性紫外線と言えば「シミの原因になる」「日焼けの原因」というイメージを持たれる方が多くいらっしゃるかと思います。

紫外線は肌に対してダメージを与え、シミの原因であるメラノサイトを活性化させるなど、美容にとって嬉しくない効果を持っていることは良く知られている事です。

しかし通常の皮膚の反応以上に、過敏に紫外線に反応してしまう人がいます。

もしかしてそれは紫外線アレルギーかも・・・!?

 

紫外線アレルギーって何?

紫外線アレルギーは日光アレルギー、光線過敏症とも呼ばれ、日光に対し肌や目が日焼けなどとは違った湿疹や充血など過敏な反応を見せる諸症状を持っています。

主だった症状としては
・赤く腫れる

・かゆみ

・目の痛み、充血

・涙が出る

などがあります。
症状が軽い場合だと「日焼けした部分がかぶれた」など紫外線アレルギーだと認識しにくい場合があります。

しかし、症状が重い場合は日光が触れた部分だけでなく全身に異常が出る場合があり、強いかゆみや水ぶくれ、皮膚だけではなく頭痛や吐き気と言った諸症状がみられるそうです。

 

紫外線アレルギーにならない為の対策は?

紫外線アレルギーになる原因と言われているものは様々です。

・遺伝的な体質

・日焼け止め、化粧品、湿布など肌につける化学物質が日光により変質し、アレルギー症状を引き起こした

・紫外線を浴びすぎ、体の抗体量を超えてしまった

など、詳細な病因は原因不明とも言われています。

ともあれ、「紫外線を浴びる」事によって諸症状が引き起こされる事には変わりなく、「多量の紫外線を浴びない事」など要因と言われるものを避けることが望ましいです。

具体的に、多量の日光曝露が予想される時には

・日傘を差す

・長袖を着る

・目を保護するサングラスを使用する

など、紫外線のダメージから身を守る事を意識しましょう。

日差しと日傘

紫外線アレルギーに似た症状を持つ皮膚病

紫外線はアレルギーでなくとも別の皮膚病の症状を悪化させる起因になる場合があります。

たとえば「酒さ」。酒さも慢性的に症状が続きやすい病気なのですが、紫外線や熱、汗などにより、落ち着いていたかゆみや腫れがぶり返す可能性のある肌の病気です。

似ている症状を持ち合わせているので、日光にあたってかゆみや赤らみが出たとき、思い当たる事があったとき「きっとアレルギーだ!」と自己判断せず、専門のドクターへ相談をしましょう!

 

コチラの記事もチェック:「酒さってなに?原因と治療法は?