チアシード
チアシードとは現代病の改善へ向けた救世主とも言われる注目のスーパーフードです。

具体的にどのような食品かと言えばシードという種になり大きさはゴマよりも小さいサイズのものになります。

チアシードにはオメガ3脂肪酸と呼ばれる栄養成分が豊富に含まれており、この成分は身体全体に大切な栄養成分となっており、その他にもカルシウム、鉄分、必須アミノ酸等、健康には欠かせない成分が驚くほど多く含まれていることから注目を集める様になりました。

オメガ3脂肪酸は日本人には不足している栄養分といわれ、体の中で作れない成分ですのでチアシードは健康を考える方にとっては画期的な食品と言えるでしょう。

そこで今回はチアシードについてまとめてみましたのでご紹介していきたいと思います。

アシードには注目のオメガ3脂肪酸が豊富に含まれる

チアシードの特徴と言えば、とにかく栄養価が高いことにあります。

では、チアシードの栄養成分が実際体にどのような効果を与えるのでしょうか?

チアシードに含まれるオメガ3脂肪酸が様々な健康効果に影響を与える役割を担っており、生活習慣病の改善や消化器官の向上を働きかけてくれます。

オメガ3脂肪酸は、さんまやさばなどの青魚が含有している油の成分の一種になり、体内に入ることでDHAやEPAに変化し健康効果を発揮してくれます。

オメガ3脂肪酸の主な効果として血液中の脂質濃度を下げる働きがあり、他にもコレステロール・中性脂肪を下げたり病気の予防にも期待する事ができます。

チアシードを効率的に摂取するには?

チアシードを摂取するにあたり、いくつかの方法がありますが生で摂るよりは水と混ぜて食べる方が様々な摂取方法がありますのでお勧めです。

チアシードは水に溶ける事で10倍に膨らむので健康効果を得られるだけでなく、満腹感を得られることからダイエットにも効果がでてきます。

便秘にも効果があると言われるチアシードですが、水に混ぜてから使用する場合は、まり浸す時間が短いと腸内で水分を吸ってしまう場合があり便秘につながる可能性がありますので注意が必要です。

もちろん水に混ぜなくても色々な食品にトッピングして摂るのも良いかと思います。

例えばヨーグルトに混ぜたり、スムージーに混ぜるといつもと違う食感を味わうとともに効率的に体内に入れる事ができます。

ただしチアシードの成分であるオメガ3脂肪酸は熱に弱い面があるので加熱すると効果が落ちる場合がありますので飲料や乳製品に混ぜた方が効果を損なわず摂取できると考えます。

チアシードの正しい摂り方

チアシードは栄養価に優れた食品ですが、だからといってチアシードに偏った食事をしていると体に悪影響が起こる場合があります。

チアシードの効果をより活用したいのであれば正しい知識を得ておく必要があります。

まず摂取量は1日15gを目安にしてください。

過度の摂取は食物繊維の効果が出すぎるため腸の水分を吸収しすぎて、便秘を引き起こす要因となります。

チアシードは非常に水分を吸収しやすい食品ですので、水に混ぜて摂取してもチアシードが腸内の水分を吸収してしまいます。

チアシードを摂取する際は水分もしっかり摂ることが必要です。

また、チアシードを摂りすぎる事で食物繊維の影響でお腹が緩くなることがあるかも知れません。

目安の摂取量を意識しながら、最初は少量から摂ってみてはいかがでしょうか。

1日大さじ一杯で十分な栄養を補えるチアシードはこれからも注目され続ける食品になるでしょう。

最近では通販だけでなくスーパーでも良く見かけるようになったので購入しやすくなったと思います。

健康に気を使う方は是非その効果を試してみてはいかがでしょうか。