ナチュラルキラー細胞とインフルエンザ

毎年冬にはインフルエンザが大流行し、学級閉鎖や会社員は自宅待機になります。

今からできるインフルエンザについての知識を身につけましょう。

まずはインフルエンザについて知ろう|症状

インフルエンザは普通の風邪と違い、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等の全身の症状が突然表れます。併せて普通の風邪のようなのどの痛みや咳などの症状も見られるので、風邪と勘違いしやすいです。

お子様ではまれに急性脳症を、高齢者の方や免疫が低下している方では肺炎などの重症を引き起こす場合もあります。

インフルエンザは流行性があり、日本では毎年12月~3月に流行します。

インフルエンザの予防接種はみなさん受けられていると思いますが、インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスの薬に対する抗原性が毎年少しずつ変化し、私たちがまだ免疫を獲得していなく大流行してしまう可能性があるものが「新型インフルエンザ」と呼ばれます。

ニュースなどで新型インフルエンザと報道された場合はワクチンを摂取していても感染する可能性があると認識してください。

またインフルエンザウイルスにはA型、B型、C型と呼ばれる3つの型があり、その年によって流行するウイルスが違います。

感染経路は飛沫感染(感染者のくしゃみや咳によるもの)と接触感染(感染者がくしゃみを抑えた手で触ったものからウイルスが移る)の二つがあります。

インフルエンザから身を守るためにまずはできることを

昔から言われていますが、飛沫感染と接触感染を予防するのは「手洗い」と「うがい」です。冬の時期は水が冷たいですが、毎日行う事により感染率を下げることができます。

また口からの感染を防ぐためや他の人に移さないようにマスクも忘れずにしましょう。

自宅や会社の中は湿度をを50~60%に保てば、空気の乾燥による気道粘膜の防御機能の低下を防ぐこともできます。

予防接種を受けたからといって安心してはいけない

皆さんの中には予防接種をしたのに、インフルエンザにかかったという人はいませんか?

インフルエンザウイルスは体内に入って次々に細胞に進入して増殖しますが、予防接種にはこれを抑える働きはありません。

予防接種はインフルエンザウイルスによって、発熱やのどの痛みなどのインフルエンザの症状を抑えるためにワクチンを接種します。

インフルエンザは肺炎や脳症などの重い合併症を引き起こ重症化する可能性があります。予防接種はこの重症化を予防する効果を持っています。

厚生労働省の厚生科学研究班によると、

インフルエンザワクチンの効果に関する研究(主任研究者:神谷齊(国立療養所三重病院))」の報告によると、65歳以上の健常な高齢者については約45%の発病を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があった

参考 厚生労働省ホームページより

と報告しています。

ですので、予防接種をうけたからといってインフルエンザには絶対かからないということはありません。

手洗い、うがいなどをしっかり行ってください。

ヨーグルトにインフルエンザを抑える効果はあるのか?

大手乳業メーカーの昨年の実験で、スーパー、コンビニからヨーグルトが昨年消えるということがありました。

実験の内容は、山形県と佐賀県の子供たちに給食時などに摂取してもらうことによってインフルエンザを発症した人がほとんど(約2500人中3名)いなかったということでした。

これによりある特定の乳酸菌が体内のナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性を上げる効果が実証されました。

NK細胞とは人間が本来持っている自然免疫の主要因子として、特に腫瘍細胞やウイルス感染細胞を攻撃してくれるリンパ球の一種です。

この活性を高めることにより、自然免疫力が高まりインフルエンザの発症を抑えられたと考えられています。

乳酸菌には様々な種類があり、この有名な乳酸菌以外でもラブレ菌などNK細胞の活性をあげる乳酸菌は多数あります。

乳酸菌を摂取して、私たちが本来持っている免疫・防御機能を高めましょう。

追記 先日予防接種を打ってきました。今年のワクチンの種類はHAワクチンというワクチンです。

毎年厚生労働省が流行るインフルエンザを予想してワクチンをつくります。

病院の先生曰く、厚生労働省は流行するインフルエンザの予想を外したことがないみたいです。

何度も書きますが、ワクチンに感染を抑える力はありませんので、手洗い、うがい、乳酸菌で今年も乗り切りましょう

参考 株式会社明治 「1073R-1乳酸菌」を使用したヨーグルトの継続摂取による保育園・幼稚園児・小中学生の、欠席率変動・インフルエンザウイルス感染など健康状態に関する中間報告