フェカリス菌は健康な人の腸内に多くすんでいる乳酸菌です。この乳酸菌を加熱処理し優れた働きを最大限に引き出したものがFK-23で正式名称はエンテロコッカスフェカリスFK-23と呼ばれます。

この乳酸菌は非常に小さく1ミクロン(1ミリの千分の1)の丸い形をした小さな乳酸菌です。

LFKとはFK-23を酵素溶解し、ビタミン、ミネラル、核酸成分を特殊処理した乳酸菌素材です。

FK-23は国内の有名大学との共同研究の結果11個の特許をとっている凄い乳酸菌なのです。

FK-23とLFKの特徴を一つ一つ説明します

乳酸菌で世界初の肺炎に関する特許を取得

インフルエンザウイルスの感染時には、肺の防御機構としてウイルスを排除しようとするため免疫細胞による炎症反応が起こります。

これは通常の免疫反応ですが、過剰に免疫細胞が集まるとスポンジのように隙間が多い肺の中で空気の通り道を塞いでしまい肺炎になってしまいます。

実験ではLFKを投与したマウスの肺胞領域を調べるとウイルス感染による炎症性細胞の流入が抑えられていたことが確認されました。

また、マウスに致死量のインフルエンザウイルスに感染させて21日後の生存率を調べたところ、生理食塩水投与群では16%の生存率だったのに対し、LFK投与群では45%まで改善されていました。

インフルエンザにかかるとウイルスの活動を抑える抗インフルエンザウイルス薬を飲みますが、薬を乱用することにより耐性ウイルスが出現することが問題になっています。

乳酸菌による予防は自分の体内の免疫機構の調整なので、鳥インフルエンザや未知のインフルエンザウイルスに対しても効果が期待されています。

腸管をきれいにする

FK-23は腸を整えきれいにする働きがあります。

FK-23をエサに配合して食べているプロテサン和牛という牛がいます。

通常和牛は霜降り肉にするために出荷前に高カロリー食を食べさせて太らせる期間があります。

つまり、和牛は出荷前に極限まで腸内環境を悪くしてから解体加工されます。

腸内環境が悪くなるとは腸内腐敗の影響で茶色~黒色になります。人間で言うところの顔色が悪かったり、吹き出物ができたりする状態です。

しかし、FK-23を食べているプロテサン和牛の腸は白~ピンク色になっています。

つまり、同じように出荷前の高カロリー食の期間を経ても腸内は健康な状態を保っていることがわかります。

牛の腸の画像|グロテスクなのが苦手な人はクリックしないでください。

人間も同様に便秘がちな人の腸の中を内視鏡で撮影してみると黒ずんでいますが、約2年間FK-23を摂取してもらうと腸管がきれいなピンク色になりました

腸の画像|グロテスクなのが苦手な人はクリックしないでください。

日焼け、色素沈着を抑える

日焼けを抑える方法は日焼け止めなどを直接皮膚に塗る方法が一般的ですが、子供や皮膚の弱い人は炎症を起す可能性もあります。

また飲むタイプのシミ予防としてはビタミンCやL-システインが有名ですが、FK-23にも色素沈着を抑える効果があるということがわかりました。

毛をそったモルモットに紫外線を当てて皮膚の経時変化を調べた結果、あらかじめLFKを摂取していたモルモットと比べ、紫外線による皮膚の黒化(日焼け、色素沈着)が約30%抑えられたというデータが出ました。

花粉症などの即時型アレルギーや喘息症状の改善

花粉症などを抑制するための抗アレルギー剤といえば、抗ヒスタミン剤です。

しかし、抗ヒスタミン剤はアレルギー反応を抑制するだけでなく中枢神経系にも作用するので、副作用として強烈な眠気に襲われる場合があります。

実験ではアレルギー症状を起こしたマウスにLFKを投与したところ、抗ヒスタミン剤(ケトチフェン)と同等にアレルギー症状を抑制しました。

さらにLFKと抗ヒスタミン剤を併用すると、その活性化が強まることが明らかになってきました。

酒さ(赤ら顔)、ニキビの改善

「酒さ(しゅさ)」とは中高年によく見られる原因不明の病気で根本的な治療法が無いと言われています。。

症状としては、まず顔の皮膚特に頬やおでこの赤身が強くなります。病気が進むとニキビのようなものが出てきたりします。

酒さの治療薬のミノマイシンで効果のなかった14人の患者さんにLFKを飲用してもらった結果、72%の改善率という結果が出ました。症状が悪化した人や副作用を起した人も出ませんでした。

このほかには漢方薬の有効成分の小腸での吸収を高めることで、漢方薬の効果を増強する作用もあります。

ということで非常にたくさんの効果が実証されているFK-23。今後もメーカーのニチニチ製薬の研究に期待が高まります。

FK-23およびLFKの特許

  • Ⅱ型肺胞上皮細胞活性剤(特許第5451703号)
  • 色素沈着抑制剤(特許第4326905号)
  • 感染防御剤(特許第2969017号)
  • C型肝炎治療剤(特許第2712000号)
  • 毒性軽減剤(特許第3040699号)
  • 抗腫瘍剤及びその製造法(特許第3040711号)
  • 血圧降下剤(特許第2889481号)(特許第2889491号)
  • 酒さ治療剤(特許第2944662号)
  • 抗アレルギー剤及びその製造法(特許第3040744号)
  • 白血球減少治療剤(特許第3272023号)

参考 ニチニチ製薬株式会社特許実績
菌活・腸活ラボ

詳しい情報はこちら