おなかをつまむ画像

肥満は国家が取り組む生活習慣病予防の大敵です。

毎年新しいダイエット方法が流行しては消えますが、やはり運動と食事が大事というのは誰でもわかっているところ。

今のダイエットは体重を落とすだけではなく、内臓脂肪や皮下脂肪を減らしてキレイな体型を目指すものが多いですよね。

ダイエットに効果があるといわれる食べ物も毎年でてきますが、最近メタボと戦う乳酸菌がでてきました。

内蔵脂肪を減らす乳酸菌

メタボリックシンドローム=内臓脂肪症候群という事は誰もが知っている生活習慣病です。

内蔵脂肪とは内臓の周りにつく脂肪のことで、皮下脂肪と違い血管に脂肪が入り込みやすく様々な病気を引き起こす要因として社会的な問題になっています。

内臓脂肪は高脂肪食により腸内バリアが破壊され、そこから肥満に関する物質が血液に流れ込み腸内に近い部分にくっついているのではということが研究されています。

内臓脂肪はつきやすく落としやすいという特徴があるため、この腸内からの肥満物質を防ぐことが重要になってきます。

腸管バリアメカニズム

そのためには腸管バリアを修復してくれる菌を摂取すればよいのです。

森永乳業の実験ではBMIが高めの52人の男女にビフィズス菌ビースリーを12週間摂取させた結果、違う食べ物を食べた男女に比べ体脂肪量が有意に減少したと発表しています。

このメカニズムは腸管バリアを修復することにより、体内に腐敗物質が流出しなくなったからではないかと考察し、体脂肪量だけでなく血中コレステロール、血糖値も下がったと合わせて発表しています。

森永だけでなく他の乳酸菌メーカーも肥満と乳酸菌の研究をしていて、LGG株やSBT2055株なども内臓脂肪の低減の報告がされています。

アメリカの研究では痩せている人の腸内細菌を移植したマウスは痩せやすくなり、太っている人の腸内細菌を移植したマウスは太りやすくなると報告しています。

Science「Gut Microbiota from Twins Discordant for Obesity Modulate Metabolism in Mice」

つまり、腸内細菌でも痩せやすい、太りやすいの体質が決まっている可能性があるということです。

また、腸内環境が正常になることによって腸内のぜん動運動が活発化し基礎代謝があがる可能性もあります。

腸内細菌移植で、15kg太ってしまった女性がいる!

fatwoman

アメリカの女性がクロストリジウム・ディフィシル症候群という胃腸炎の治療のために、自分の娘から糞便移植による腸内細菌移植を行いました。

しかし、この病気の治療には成功しましたが患者の女性が急激に太っていきました。Medエッジによると

この治療以前、治療を受けた本人の体重は約62kgで、BMIは26だった。それまでの生涯を通じて正常体重で安定していた。

 ところが移植の16カ月後、女性の体重は一挙に約77kgまで増えて、BMIが33まで増加したのだ。

 移植3年後には減量の努力や運動にもかかわらず体重が約77kg、BMIは34.5で定着してしまい、肥満になってしまった。

実は、この菌を移植してもらった自分の娘が肥満体型だったのでした。

前述のマウスの話のように、太っているマウスと痩せているマウスの腸内細菌は違い、その腸内細菌を移植されるとその体質を受け継ぐことがわかっています。

今回は実験ではなかったですが、人間でも同じで体質を受け継ぐということが証明されたのです。

特保のお茶ではダメなの?

毎日宣伝がされている特保のお茶は、小腸から吸収した脂肪が肝臓や筋肉に運ばれる際の分解、燃焼や、脂肪を吸収するときのメカニズムに着目しています。

ダブル特保のお茶は難消化デキストリンという、一般的には食物繊維として知られる成分が入っていて、腸内環境を良くすることによってダブルで吸収を抑えるとしています。

乳酸菌メーカーは大腸から肥満にアプローチしています。

腸管バリアの修復により、体内に余分な栄養を流さないと同時に腸内細菌で代謝を促すという実験結果もあります。
有名なところでは2013年に京都大学が乳酸菌を用いて腸内細菌と脂肪酸代謝の詳細を解明しました。

というわけで、ダイエットで運動をする前にまず腸を整えることが先決です。

ヨーグルトで乳酸菌を摂取すればダイエット時の栄養補給にもなりますし、一石二鳥となるわけです。

腸内環境が悪玉菌だらけだと、腐敗物が腸に溜まり、便秘、宿便などで体重も増加します。また腐敗物が血液へ溶け出すと血行が悪くなり、消化、吸収の機能も低下し基礎代謝が悪くなってしまいます。

無理なダイエットはせずに、自分の体にあった乳酸菌やビフィズス菌で腸内を整え、腸管バリアを修復し、基礎代謝の向上をして太りにくい体質改善を行いましょう。

抗メタボの特許を取得したビフィズス菌 → ビフィズス菌ビースリー

参考 Medエッジ