ペットボトル飲料を飲む女性

最近市場では特定保健用食品、通称「トクホ」と呼ばれる製品が販売されています。

そういった製品の裏側、成分表示を見てみあると「難消化性デキストリン」と言う名前が見て取れます。
しかもかなり、多くの製品に配合されているようです。

トクホでなくても、無添加などを謳った商品に「デキストリン」や「難消化性デキストリン」という言葉を見かけます。

聞き慣れない言葉やカタカナに「体に悪そう」と戸惑われている方もいるかと思います。
この難消化デキストリンとはどんな物質なのでしょうか?

 

難消化性デキストリンの正体はズバリ食物繊維!?

デキストリンはジャガイモやとうもろこしなどのでんぷん質を加水分解した炭水化物の総称です。

糊精ともよばれ、糊の性質があります。
カプセル薬の外側の部分やオブラートなどは実はこれを用いて作られているそうです。
カプセルやオブラートを水に浸すとぶよぶよの糊状になりますが、あれはでんぷんをもとにしてできているからです。

さらにここから難消化性の成分を取り出し、調整した水溶性食物繊維が難消化性デキストリンです。

難しい名前をしていますが「ジャガイモやとうもろこしから取り出された食物繊維」と言っても間違いではないと思います。

 

化学合成物質じゃないの?

食品の原材料表示にカタカナの文字列があると「化学的で体に悪そう」と思う方もいらっしゃいますが、簡単に言ってしまうと

「デキストリンはでんぷん質の炭水化物」、
「難消化性デキストリンは炭水化物から取り出した難消化性物質の食物繊維」です。
化学合成物質の類ではありません。

食物繊維の不足を補うために開発され、国で特定保健用食品として認められる安全性の高い物質です。

特に注意点はないのですが、強いていうなればデキストリンの方は炭水化物ですので、糖質制限ダイエットなどをされている方は、炭水化物を取っていないつもりでも含まれている可能性があるので注意されるといいかと思います。

沢山のトウモロコシ

 

トクホとして国に認められる訳

特定保健用食品と通常の食品の違いは、効果が科学的に証明されている事にあります。

難消化性デキストリンが国に認められた効果は
「食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させる」です。

具体的にいいますと、脂肪の吸収スピードを遅らさせる効果があると言われています。
そのため腸で吸収されなかった分の脂肪が便として排出されます。

その他の効果は糖の吸収スピードを遅らさせるため、食後の血糖値の上昇が穏やかになる」など、血糖値が気になる方にも嬉しい内容が報告されています。

食物繊維ですので安全性が高く整腸作用もあり、腸内環境にも良い。
これらの効果を示す研究データがあり、それが認められトクホに指定されているのです。

 

何でトクホ商品に含まれているの?

先ほどの「食事の脂肪の吸収を抑える」と言うフレーズをトクホに指定されたお茶やコーラのCMなどで聞いた事はありませんか?

数々の食品がトクホに指定された秘密が難消化性デキストリンなのです。
たとえば、トクホに指定されたコーラの成分表示を見ると、難消化性デキストリン以外は普通のコーラと変わりがあまりないように見えます。

 

良くも悪くも、これが難消化性デキストリンの力なのです。

 

トクホとの付き合い方

難消化性デキストリンは安全性が高い物質ですが、トクホ商品で効果を謳うときには「過剰摂取をすると便通が良くなりすぎてやわらかくなる可能性がある」事を同時に表示しなければなりません。
やはりトクホでも物には限度があります。

トクホ商品を選ぶときは、自分にはどの保険の効果が必要なのか、食生活を考え、過剰摂取がないように選ぶと良いと思います。

体に良いと聞くと「とにかく沢山食べよう」と思われる方も沢山いらっしゃると思います。
しかし、なんでも摂りすぎは良くありません。
体に良くてもそれさえ食べていれば痩せたり、持病が直ったりする訳ではありません。

通常は害のないものでも過剰摂取によって害が生まれる場合もあります。
海外ではエナジードリンクの飲みすぎにより死亡する事故もありましたが、これはエナジードリンクに限ったことではありません。

たとえばお酒のアルコールなど、過剰に摂取すれば健康を害する可能性のあるものはどんな食品にも存在します。

 

結局のところ、体は普段の生活習慣の上で作られています。

普段のバランスの良い食事、睡眠、運動の上に「健康をサポートする食品」を乗せて、上手に付き合うことが大事です。