パウンドケーキとバター

2015年6月、アメリカの食品医薬品局(FDA)は米国内での食品へのトランス脂肪酸の添加を2018年6月以降、原則認めない方針を打ち出しました。

諸外国ではトランス脂肪酸に対する規制や表示義務などを設ける国が多数あります。
「トランス脂肪酸というのが体に悪いらしい」と認識している方も多くおられるのでしょう。

しかしトランス脂肪酸がどういったものか、どんな食品に含まれているのかご存知ですか?
今回は意外と知らないトランス脂肪酸についてご説明いたします。

 

トランス脂肪酸ってなに?

脂肪酸とは、一般的に「脂肪」や「油」と呼ばれるものの構成要素の事です。

脂肪酸の中で不飽和脂肪酸と分類されるものの中にトランス脂肪酸は含まれます。
トランス脂肪酸には天然で生産されるものと、油を加工・精製する過程で人工的に生み出されるものがあります。

天然で生産される脂肪酸は、牛や羊などの反芻動物の胃の中の微生物の働きによって作り出され、肉や乳に微量含まれています。

一方、油の加工・精製により生まれるトランス脂肪酸には、ドレッシングの植物油などの脱臭処理工程で生まれるものと、植物油や魚油を「水素添加」により常温で固体または半固体状態に加工する工程で発生するものがあります。

アメリカのFDAで規制の方針が発表されたのは2つめの水素添加により油の形状を安定させるものの方です。
これらの油脂は「硬化油」と呼ばれています。

 

何が悪いの?

脂質はスタイルを気にしている女性から嫌われる事もありますが、本来は生きるために必要な栄養素のひとつです。
少なすぎると、それも健康への悪影響があります。

しかし日本の農林水産省は「トランス脂肪酸の摂取で脂質をまかなう必要ないと考えられている」と説明しています。

日本の農林水産省はトランス脂肪酸を
「血液中の悪玉コレステロールが増加し、善玉コレステロールを減らす」
「諸外国の研究結果によると心筋梗塞などの冠動脈疾患が増加する可能性が高い」
と紹介をしています。

農林水産省も注意を向けるトランス脂肪酸。
すぐに悪影響は出なくとも、積み重なる事で健康へのリスクは無視できないものがあるでしょう。
トランス脂肪酸は出来る限り避けたい油脂なのです。

 

添加されてる食品は?

油を使用しやすいように加工する過程で生じるものなので、かなり多くの食品に利用されています。
やはり硬化油が周囲より抜けて高い含有量を示し、バターなど乳を加工した油脂にも比較的高めの数値が見られます。

諸外国にはトランス脂肪酸の含有量を表示する義務を設けている場合もありますが、日本では表示義務はありません。
ですので「トランス脂肪酸は食べたくない」と思っている方でも、知らず知らずのうちに口にしている事は多いでしょう。

ここでトランス脂肪酸が含有されている代表的な食品を紹介します。

・マーガリン
ご存知の方も多いかと思われます。
上で紹介した「植物油に水素添加をし、状態を固体または半固体状態に加工」した硬化油です。
トランス脂肪酸の含有量が非常に高い食品の代表格です。

・ショートニング
パンやクッキーなどがサックリおいしく仕上がる性質を持っているため、非常に多くのお菓子に使用されています。
市販のお菓子や菓子パンの成分表示面を見ると、ショートニングが使われているものを多く目にします。
マーガリンと並ぶトランス脂肪酸の含有量が非常に高い食品です。

・ファーストフードの揚げ油
フライドポテトやドーナッツ、チキンなどの揚げ油に使用されている場合があります。
それとは反対に、外食サービスによってはトランス脂肪酸を使わない方針を打ち出し、アピール材料にしている事もありますね。

・洋菓子類
乳や乳から作られたバターを多く使うクッキーやケーキ、パイ、ビスケット、クリームにも含まれてしまいます。
また、製造過程でショートニングやマーガリンなどのトランス脂肪酸含有量が多い油脂を使用された場合は、やはり多くなってしまうようです。

・脂肪分が高い部位の肉
トランス脂肪酸は反芻動物の乳や肉に微量含まれていますが、その中でも脂肪分が多い部位は比較的高い含有量となってしまうようです。

沢山のクッキー

日本人の摂取量は少ない?

魚と菜食中心の和食はトランス脂肪酸の非常に少ない食事です。
牛乳やお肉に含まれるトランス脂肪酸も本来は微量なので、通常の食事では過剰に摂取する事はあまりないと言われています。

むしろ甘いものが好きで、ショートニングを使ったクッキーやケーキを沢山食べる人の方が、過剰摂取の懸念があるとも言われています。

日本の農林水産省はトランス脂肪酸の摂りすぎに注意を促す一方、
「トランス脂肪酸以外の脂質や塩分の摂りすぎにも注意」と、追記しています。

「トランス脂肪酸だけが病気の原因ではない、その他の脂質なら沢山食べても良いというわけではないよ」と言う事ですね。
動脈硬化などの生活習慣病は、何かひとつの原因の為に起きるのではなく、生活習慣全体のバランスの悪さが積み重なって起きてしまうものだということを忘れず、食生活を見直していきましょう。

 

出展:農林水産省ホームページ「すぐわかるトランス脂肪酸」
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_wakaru/