黄色い細菌のイメージ画像
2015年4月22日、慶應義塾大学医学部により「アトピー性皮膚炎は皮膚の異常細菌巣が引き起こす」が報道発表されました。これは慶應義塾大学医学部皮膚科学教室とアメリカNational Institutes of Healthの研究グループが科学雑誌「Immunity」電子版にて発表した研究です。

アトピーの原因って?

アトピー性皮膚炎はアレルギー性の疾患であると考えられています。しかし、原因となるアレルゲンはこれまでに特定されておりませんでした。
アトピー性皮膚炎患者からダニやホコリなどハウスダストに対する抗体が検出されることから、これらが原因だとも考えられていましたが、それらを支持する強い臨床的な証拠はありませんでした。

この研究ではそれに対して、アトピー性皮膚炎患者の皮膚に起きる「ある細菌の異常繁殖」に目をつけたのです。

アトピー患者に見られる特徴?細菌の異常繁殖とは

人の体は、目に見えずとも常に無数の細菌に取り囲まれています。それらは悪さをすることもありますが、多数で存在することにより進入した病原性微生物の繁殖を抑制するなど、有用な面もあり、人と共生の関係を築いています。

しかしアトピー性皮膚炎患者の皮膚には「黄色ブドウ球菌が異常繁殖し、本来多様性を見せるはずの皮膚細菌巣を覆い尽くす」という現象が見られるのです。
黄色ブドウ球菌は人の皮膚や消化器官などに存在する常在菌です。

ですが、それと同時に感染症や食中毒などを引き起こす起因菌という一面もあり、腸内では代表的な悪玉菌として知られています。

 

細菌の異常繁殖とアトピーの関係とは?

今回の発表では細菌の異常繁殖に注目し、人為的にアトピーを発症するように操作したマウスを使って抗菌治療を行いました。

マウスに離乳直後から異常細菌巣に効く抗生物質で持続的な抗菌治療を行ったところ、正常な皮膚細菌巣を保ち、アトピーを発症しませんでした。

さらに研究を進め、抗菌治療を行わずアトピーを発症させたマウスと、抗菌治療を行い10週目で治療を中止したマウスを用意し、経過を観察しました。
するとアトピーを発症させたほうのマウスは抗菌治療により皮膚細菌巣が正常化し、皮膚炎もほぼ完治しました。

それに対し抗菌治療を途中で中止したマウスは、正常だった細菌巣がとたんに多様性を失いました。
そして細菌巣は黄色ブドウ球菌とコリネバクテリウム属に分類される細菌2種類に置き換わるという極端な偏りを見せ、激しい皮膚炎を発症してしまったのです。

この結果により、皮膚の細菌の分布がアトピー性皮膚炎に深い関係を持っていることが証明されました。

マウスでの抗菌治療実験結果のグラフ

 

 

今後のアトピー治療の展開は?

研究チームの発表により、アトピー性皮膚炎に抗菌治療という新たな手段が見出されました。
現在ステロイド剤で炎症抑制に頼っているアトピー性皮膚炎の治療戦略が、今後大きく変えられるのではないかと期待が持たれています。

しかし実験で使用した抗生物質での抗菌治療は、薬の力が強力すぎて、体に有害な細菌だけでなく、他の常在菌や善玉菌まで殺菌してしまうのです。

研究チームは腸内細菌や腸管免疫への悪影響を危惧しており、この実験の発表を
「臨床の現場でのアトピー性皮膚炎の治療法としては決して推奨されません。今後、抗生物質に頼らない正常な細菌巣を誘導する方法の検討が行われることを期待します」
という言葉で締めています。

 

黄色ブドウ球菌をどうにかする方法はないの?

黄色ブドウ球菌は汗などが皮膚にたまると、そこで繁殖しかゆみやかぶれを引き起こしたり、怪我の傷口の周りに繁殖すると、汁をもったジュクジュク傷に変えてしまったりと、何かと面倒を引き起こします。
しかし、これらは誰もが身に覚えのある症状ではないでしょうか?

彼らはアトピー患者以外の人の肌にも存在している常在菌です。
一度殺菌したとしても、どこからかまた皮膚の上に戻ってきてしまうでしょう。
ですので、現状で黄色ブドウ球菌を完全に排除する方法はないと考えたほうが現実的です。

家庭でできる対処方法としては、消毒薬などで一時的に黄色ブドウ球菌の数を減らす手段もありますが、肌の弱い方には消毒薬が逆に肌への刺激になってしまう場合もあり、判断が難しいかと思います。
通常の殺菌作用のあるせっけんを使用し、肌を清潔に保ち、黄色ブドウ球菌が増えすぎないようなスキンケアをすることが大切です。

入浴やシャワーで肌を清潔に保つことは、その他の雑菌やアレルゲン、皮脂汚れなど刺激物質を取り除くためにも有効な手段ですので、ぜひ意識をしてみてはいかがでしょうか。

研究チームが考える「正常な細菌巣へ誘導するアトピー治療」は今までの考えとは違うアプローチ方法です。
今後開発されるアトピー性皮膚炎のための薬がどのようなものになるかはわかりませんが、この発見により「アトピーは治るもの」だと認識が変わり、ひいては黄色ブドウ球菌の繁殖を抑制できる技術が発見される事に期待をしたいですね。

アトピーの生活習慣の改善や病院選びなどはこちらの記事でも紹介しています。
実体験にもとづくアトピーに良かった食べ物、悪かった食べもの
私がアトピーで病院などで処方された薬や治療法の効果|漢方
アトピー治療のためのいい病院の見つけ方と生活習慣の改善|3つのポイント

出展元:慶應義塾大学プレスリリースより